+楓+について

楓の妄想世界日記

この寛大なる俺様に名前使ってもらってよかったな楓。おめでとう楓。
しかし文中では便宜上「+楓+」=「妄」として記す。残念っ!!妄想癖切りっ!!

妄が俺考案をなぜいきなり始めたのか。。

・半年ほど前から我がBCとGMのGGでの争いが絶えなかった。そして争いはGGにとどまらず、BOSSでのMPKやADPK、枝クラッシュにまで発展する(主に犯人はAltina)
この時点で妄は相当BCに腹を立てていたに違いない。いや、間違いない。相当俺らの事が大嫌いである。

・妄がBlogで黒ギルドを雑魚だのなんだのいろいろ書いていました。
こーゆー奴は煽れば煽るほどおもしろい行動に出るのでオープンやWisで煽る事に。
しかし反応がない。つまらない奴だなぁ。と思いました がしかしここで妄の怒りは爆発した!

まさかBlogであんだけ長ったらしい考案を書いてくれるとはwww
妄さん!つまらない奴って思ってすいませんでした!あんたすごいおもしろいですわ!
もうあんな記事書いてる時点で俺の中のキチガイランキングでTOPに躍り出た。
妄>>>ばんぺい>>>マヴェ公>>>アダムスカ>>>フルボッコ太郎
今までダントツTOPだったばんぺいくんを追い抜かし一気にキチガイランクTOPに躍り出る妄。まさにディープインパクトをも奮い立たせる独走態勢だ。

そして妄は黒ギルドは無視無視。と決め込んでるそうだがあんな記事を書いてる時点でもう妄の負けのようなものです。

きっとあの記事を書いてた時の妄の顔は真っ赤です間違いない。
頭に水が入ったやかんを乗せると3秒で沸騰します。

さて、ここで妄がリアルではどのような人間か妄さんお得意の「考案」します。

深夜2:45 妄はあるマンションの前に立っていた。
この時、妄はある女の子に特別な思いを寄せていた。

その女の子との出会いは1ヶ月前、妄が高校を入学し、同じクラスになった女の子である。
ある日、授業で数学の小テストがあった。テスト中に妄はテスト問題がうまく解けない苛立ちと友達が出来ない苛立ちが爆発し、持っていたケシゴムを真っ二つに引き裂いたのである。
引き裂いた瞬間勢い余って引き裂いたケシゴムの片方が吹っ飛んでしまった。
妄の心「しまった!思い切り吹っ飛ばしてしまった!」
そしてその吹っ飛んだケシゴムに気づき、拾ってくれる優しい女の子がいた。想子ちゃん(仮名)である。
妄はこの時思った。
妄の心「この子・・・俺のこと好きだから拾ってくれたんだ!」

かくして妄の妄想パラダイスの幕が開いた。

この日から妄の生活は変わった。
妄は望遠鏡を買った。いや、親に買って貰ったのである。
妄「ママ。僕はこれから午前2時フミキリに望遠鏡を担いでベルトにラジオを結んで天体観測をするから買ってよ。」
妄ママ「あらあら妄ちゃんは哲学なのねえ~!いいわよ!ママ買って上げちゃう!」

ケッ、これだからボンボンの家は・・・

しかし当然この望遠鏡が天体観測に使われることはなかった。
妄は午前2時想子ちゃんが住むマンションの前のでかいビルの屋上に望遠鏡を担いでった。
そしてすでに確認済みの想子ちゃんの部屋を望遠鏡で覗く妄。まさにゴルゴ13。

妄の中でこの行動が日課となっていたのだ。

そして妄はある日次のような行動に出た・・・

続く
[PR]
by crazygal | 2006-06-30 01:19


<< 第2章 ストーカー妄、エスカレート 今まで >>